結婚の内祝いのマナーと基礎知識

● 結婚の内祝いのマナーと基礎知識

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 人生の節目・お祝いごとに欠かせない「内祝い」 > 結婚の内祝いのマナーと基礎知識


結婚内祝いが持つ意味

結婚内祝いという風習をご存知でしょうか?
ご結婚を決めたときにお祝いをいただいたにもかかわらず、
式場収容人数やその他の理由で披露宴にご招待できなかった方などに差し上げる、
「内々のお祝い品」という意味合いのものです。
元々は、家族内でのお祝いや節目の出来事などがあったときに、
ご近所や親せき・親しい方に贈る「喜びのおすそ分け」の習慣でしたが、
現在では返礼としての趣旨が色濃く、定着化しています。
では、実際に結婚内祝いを用意するときのマナーには、
どのようなものが存在しているのでしょうか。

結婚内祝いを贈る際のマナー1・贈る時期と金額

結婚内祝いを差し上げる時期は、結婚式・披露宴が行われた後、
「できる限り早く」が望ましいとされています。
あまり遅すぎると失礼にあたる可能性があるので、
式後2週間から1か月の間までに行うと良いでしょう。
可能であれば、お祝いをいただいた方の名前や住所を事前にピックアップしておき、
式以前に用意しておくと、直前になって慌ただしくならずスムーズでしょう。
内祝いにかける予算としては、
相手方から贈られた金額の半分程度を目安にするのが一般的とされています。

結婚内祝いを贈る際のマナー2・渡し方とのし

結婚内祝いは、できれば直接会ってお渡しするのが一番ですが、
遠方の場合や双方のご都合などで、かなわないことも多くあるもの。
そんなときには、郵送や宅配を利用して内祝いを贈りましょう。
その際には、気持ちが伝わる「お礼状」を添えて、
気持ちが伝わるように尽くしましょう。
数が多く、お手紙を書くのが大変…というときには、
直筆のカードだけでも添えると効果的です。
また、のしの表書きには「内祝い」や「寿」などと記し、
ご夫婦になるお二人の名前を連名で記載するのが主流となっています。

結婚内祝いを贈る際のマナー3・選ぶ品物

結婚内祝いの品物には、タオルなどの実用品や、
好みの品をチョイスできるカタログギフトなどが選ばれることが多い傾向に。
食品やお茶なども根強い人気を獲得しています。
贈る方の好みを把握している場合であれば、
それに沿った品物を選ぶのも素敵です。
贈り物には、喜んでほしいと思う気持ちが一番大切ですから、
お二人で心を込めてお探しになると良いでしょう。