出産の内祝いのマナーと基礎知識

● 出産の内祝いのマナーと基礎知識

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 人生の節目・お祝いごとに欠かせない「内祝い」 > 出産の内祝いのマナーと基礎知識


出産の内祝いが持つ意味とは

知人の家に赤ちゃんが誕生したとき、
その家庭、あるいは夫妻に対してお祝いを贈ることがあるでしょう。
その返礼として差し上げる品物が「出産内祝い」です。
本来は、子どもの出産という慶事があったことを周囲へ知らせる目的や、
お披露目の意味合いが強い存在でしたが、
時代の変遷とともに少しずつその形を変えて、現在のスタイルに定着しています。

出産内祝いにかける予算

出産内祝いを用意するときに、最も気になるポイントが「予算」です。
一般的には、出産祝いとしていただいた金額・あるいは品物の半分程度、
または3分の1程度に収めるのが主流とされています。
多くの方に出産内祝いを用意する場合には、
事前にいただいた金額等をリストアップしておくと、
返礼を円滑に進めることができるのではないかと思います。

出産内祝いを贈る時期

出産内祝いを贈る時期は、赤ちゃんが生まれてから、
およそ生後2週間から一か月、またはお宮参りの頃までに、
品物を受け取っていただくように手配すると良いでしょう。
内祝いには、郵送や宅配を利用しても失礼には当たらないので、
直接渡すことが難しい場合には、是非とも利用することをお勧めします。
その際には、出来る限り出産前の時期に用意をすませ、
発送準備を整えておかれるとスムーズです。
出産後すぐには、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で慌ただしくなるので、
無理のない程度に下準備だけでも済ませておくと安心でしょう。

品物にはどんなものを用意するか

出産内祝いには、賞味期限が長めに設定されているお菓子や
お茶類を選ばれる方が多いのだそう。
相手の方の嗜好が分かっていれば、それに合わせて贈るのも良いでしょう。
オーソドックスな生活用品も、人気のあるカテゴリです。
いずれも、受け取った側が負担に感じないものを選ぶのがベストです。