開店祝いの内祝いとマナーと基礎知識

● 開店祝いの内祝いとマナーと基礎知識

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 人生の節目・お祝いごとに欠かせない「内祝い」 > 開店祝いの内祝いとマナーと基礎知識


開店祝いをいただいた際の内祝いについて

飲食店をオープンさせた時には多くの人から開店祝いをいただくことになります。
大きな花輪だったり胡蝶蘭だったり、
お店で使える店名が入った時計や調度品をいただくこともあります。
これから頑張ろう!という時にお祝いをいただいたら嬉しい気持ちになれるでしょう。
いただいた贈り物ははじめのうちは、
必ず店先か店の中に飾っておくようにしてください。
そのような開店祝いをいただいたら、当然内祝いをしなくてはいけません。
そうでないと一気に信頼を失いますし、常識がないとみなされます。
今後のお店の発展にも大きな影響を及ぼしてきます。
ですから面倒くさがらずに内祝いはしっかりと行いましょう。
恐らくはじめは関係者などを招いてのパーティーとなるでしょう。
その時にお祝いを持ってきてくれたり、事前に贈ってくれていると思うので、
お返しの商品を用意しておきましょう。

開店祝いの内祝いに関する常識

内祝いを贈る際には熨斗を用いることになります。
紅白の花結びの水引のものを用意して、
上熨斗部分と下熨斗部分に必要事項を書きましょう。
そしてお返しはパーティー当日に渡すか、
もしくは2週間以内には贈るようにしましょう。
高級店などの場合は状況も変わってくるでしょうが、
基本はあまり高価な商品にする必要はなくて、
2000円程度までに抑えると良いでしょう。
自分のお店のお食事券を配るという人もいますが、
それだと2000円分だと寂しさを感じます
内祝いをする際にはお礼状を用意すると好感を持たれますし、
ファンになってくれる確率も高まります。
印刷でも良いでしょうが、
可能であれば、手書きでメッセージを書き添えると良いでしょう。
開店祝いの内祝いというのはある意味経営者にとっては試練とも言えます。
そういった気配りができないと、なかなか成功するのは厳しいでしょう。