婚約指輪・結婚指輪についての基本情報

● 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報

結婚に関する指輪としては、プロポーズの時に男性から女性の渡すのが婚約指輪、
結婚が決まった二人が「証」としておそろいの指輪を購入するのが結婚指輪という認識がありますが、
プロポーズを受けてから二人で買いに行ったり、結婚指輪と同時に選んだりすることもあるようです。
最近は婚約指輪を買わないで、その分少し豪華な結婚指輪にする人もいます。
結婚指輪は結婚式で指輪の交換もあり、今後基本的には毎日つけるものなので、
結婚が決まったカップルのほとんどが結婚指輪を買うようです。
かつては「給料の3カ月分」などといわれた婚約指輪に関しては、
ダイヤモンドであったり誕生石だったりといった宝石の選び方や、
大きさやデザインなどによって随分購入金額に差が出ており、
人それぞれということが分かります。
意外と知らない、婚約指輪と結婚指輪の違い、左の薬指につける理由、選ぶポイント、
それぞれの相場などについて詳しくご紹介しています。

付き合っている彼女がいる人は指輪をどうしても意識します。結婚指輪や婚約指輪を選ぶことになりますが、この2つの違いを知らない人もたくさんいます。最低限のことは勉強しておきましょう。

・・・つづきはこちら

結婚指輪と婚約指輪の相場を比べると婚約指輪の方が高くなっています。結婚指輪は2人分あわせても20万円~30万円台ほどでしょうか。相場は参考にはなりますが、決めるのは自分自身です。

・・・つづきはこちら

結婚指輪を選ぶ時に気を付けるべきことは、デザインやアフターフォローがあるかどうかなどです。ですが金属アレルギーの確認がある意味一番大事だと言えそうです。後悔しないことが大事です。

・・・つづきはこちら

結婚指輪というのは一生大切にするものなので、素材にもこだわりたいものです。プラチナやゴールド、シルバーが有名ですが、それ以外にも素材はいくつもあります。しっかり考えて選びましょう。

・・・つづきはこちら

お互いが想いを込めて左手の薬指につける結婚指輪ですが、選ぶ際にはサイズを測らなくてはいけません。自分の指輪サイズは知っているから、という理由で試着をせずに買うのは失敗のもとです。

・・・つづきはこちら

結婚指輪はずっと使っているとどうしても劣化してしまいます。修理を受け付けてくれるお店かどうかを確認してから購入したいです。アフターケアの有無は重要な要素となるでしょう。

・・・つづきはこちら

結婚指輪を左手の薬指につける理由をご存知ですか?古代ギリシャでは心臓と薬指がつながっていると考えられていましたので、指輪によって永遠性を持たせていたと考えられるのです。

・・・つづきはこちら

一生身に着ける結婚指輪は、二人でこだわって選ぶことをオススメします。材質やデザインなどを吟味することで、長く使っても飽きのこないものを見つけることができるでしょう。

・・・つづきはこちら

婚約指輪は、男性だけで選ぶのではなくパートナーの意見を反映させましょう。身に着けるのは女性ですから、やはりできる限り気に入ったものを選ぶようにするのがオススメです。

・・・つづきはこちら

結婚指輪の裏にはカップルの思うようなメッセージを入れることができますが、どんな刻印を入ればいいのか分からない方もいるでしょう。刻印を入れる前に知っておきたいポイントを紹介します。

・・・つづきはこちら

結婚指輪、婚約指輪の相場は年々下がりつつありますが、相場に左右されることなくカップルの納得いく指輪を選ぶことが現在の主流であり、またその価値観が一般的となっています。

・・・つづきはこちら

結婚指輪で代表的な素材はプラチナとゴールドですが、どちらにもそれぞれに長所と短所があります。2つの特徴を理解してイメージ通りのジュエリーを見つけるようにしましょう。

・・・つづきはこちら

結婚指輪は“愛の証”ですが、実際結婚していても結婚指輪を外している人と外さない人の割合はちょうど半分くらいです。最近では男性既婚者の結婚指輪装着率が女性の装着率を抜きました。

・・・つづきはこちら

プロポーズをする時に男性から女性に贈られる婚約指輪は、昔は結納の際の結婚記念品のひとつだったようです。結納の代わりという考えであれば結納返しとしてお返しを考えた方がいいでしょう。

・・・つづきはこちら

結婚指輪はストレートな形の印象が強いですが、実は様々な形のものがあり、それによって手の印象が変わってきます。ストレートのほかにウェーブライン、V字ラインなどの形があります。

・・・つづきはこちら

結婚指輪をはめる指は左手の薬指というのが通説ですが婚約指輪ではどうでしょう?実はその定義は定められていないのです。好きな指にはめることもできますので、利便性などから考慮しましょう。

・・・つづきはこちら

プロポーズの準備をはじめようとするとき、婚約指輪が必要かと悩む男性は多いようです。カップルの考え方にもよりますが、プロポーズの時に婚約指輪があった方がメリットも豊富でしょう。

・・・つづきはこちら

ダイヤモンドは、婚約指輪に埋め込む石としては定番と言える存在です。その硬さが永遠性をイメージさせるため多く使われるのです。美しい輝きと透明感も重要な要素と言えるでしょう。

・・・つづきはこちら

婚約指輪や結婚指輪を長持ちさせるためにも、きちんとお手入れをしましょう。毎日する必要はなく、定期的にお手入れすることで皮脂汚れなどが落ちるため、新婚当時の美しさが復活します。

・・・つづきはこちら

結婚指輪は婚約指輪と違い一生指にはめることになるかもしれません。ですのでデザインを重要視してどれを選ぶか決めたいです。シンプルなストレートタイプもよく選ばれています。

・・・つづきはこちら

結婚指輪選びで重要視する部分はデザインなどですが、毎日身に着けるために、金属アレルギーについても調べたいです。今はパッチテストでアレルギーがあるか調べられるので活用しましょう。

・・・つづきはこちら

婚約指輪を渡す=プロポーズですが、指輪を差し出すシチュエーションは非常に大事な要素になります。女性の好みに応じたシチュエーションを準備することも大切なことでしょう。

・・・つづきはこちら

美しく輝いているダイヤモンドが使用されている婚約指輪は女性の憧れでもあります。しかし最近はサファイアやルビー、エメラルドのような宝石などを使った指輪も注目されています。

・・・つづきはこちら

プロポーズをする時には婚約指輪をプレゼントするケースが多いです。しかし、問題になりやすいのがサイズが不明だということです。こっそりと調べる方法を実行してみましょう。

・・・つづきはこちら

結婚指輪の素材はプラチナが定番ですが、海外ではゴールドの指輪も人気で、色によって違った特徴があります。金属アレルギーの人にはジルコニウムやチタンもおススメです。

・・・つづきはこちら

日本ではあまり馴染みがありませんが、英語圏の男性の多くが映画やドラマのように跪いて婚約指輪を掲げ、プロポーズをすると言います。そこには日本と海外の文化の違いが隠されています。

・・・つづきはこちら

立て爪と埋め込みは婚約指輪の石のセッティング方法のこと。立て爪は爪ありのデザインの一つであり、埋め込みは爪なしのデザイン全般を指していて、それぞれにメリットがあります。

・・・つづきはこちら

結婚指輪は女性も男性も身につけるものですから、二人が納得いくものを選ぶようにしましょう。普段アクセサリーをつけない男性の場合はシンプルなデザインのリングが好まれます。

・・・つづきはこちら

婚約指輪を購入する時期は、プロポーズ前か後かの2つに分けられます。プロポーズ前はサプライズができますが、プロポーズ後なら彼女と一緒に選べるのでサイズやデザインで失敗しません。

・・・つづきはこちら

結婚式で行われる儀式の中でも指輪の交換は重要です。そのため、結婚指輪は結婚式までに用意するのが鉄則となっています。指輪選びは意外と時間がかかるため、早めに用意しておくと安心です。

・・・つづきはこちら

婚約指輪はサプライズで贈られるものというイメージは過去のもの。今は女性の好みのデザインを男性と一緒に選ぶほうが多数派のようです。婚約指輪を選んでいると結婚する実感も湧くでしょう。

・・・つづきはこちら

婚約指輪のデザインとして定番なのは立て爪のソリティアと呼ばれるデザインです。その他にも、メレやパヴェなどがあります。指輪のデザインの種類は石の配置方法によって変わります。

・・・つづきはこちら

結婚指輪を取り扱うショップではアフターサービスの保証を設けていることがほとんどです。サイズ直しやゆがみ直し、クリーニングサービス、磨き直し、修理などがアフターケアのポイントです。

・・・つづきはこちら

婚約指輪においてパラジウムが使用されるのは主に地金の部分です。プラチナより安いにもかかわらず輝きは変わらず、硬くて傷がつきにくく付け心地が軽いというメリットがあります。

・・・つづきはこちら

チタンの最大の特徴は医療現場でも使用されるほど金属アレルギーを起こしにくい点にあります。また、デザインの自由度の高さや錆・変色が起こりにくい点もメリットと言えるでしょう。

・・・つづきはこちら

結婚指輪のデザインは多種多様ですが、実際に付けてみなければ指に合うかわからないため、試着してから検討するようにしましょう。指の長さや太さによって似合う指輪のデザインは異なります。

・・・つづきはこちら

エタニティーリングが婚約指輪として人気がある理由は、そのデザインから「永遠」という意味を持つためです。シンプルながらも個性的かつ華やかなリングで、種類もいろいろあります。

・・・つづきはこちら

種類によってさまざまな意味を持つパワーストーンは、婚約指輪としても人気があります。おすすめなのは誕生石を身に着けることです。結婚生活をはじめ人生をサポートしてくれるでしょう。

・・・つづきはこちら

結婚指輪は、時間が経つと傷や汚れが目立つもので、定期的なメンテナンスが必要です。お店によっては無料でアフターケアを行ってくれるところもあるので、こうしたところを選ぶと安心でしょう。

・・・つづきはこちら

「結婚指輪がなくなった」なんて結婚前は考えられないことかも知れませんが、実に既婚者の3人に1人は結婚指輪をなくしたことがあるそうです。なくしてしまった結婚指輪の探し方を紹介します。

・・・つづきはこちら

長年の使用で結婚指輪がサイズが合わなくなってしまうことも珍しくありません。そんな時にオススメなのが結婚指輪のサイズ直しですが、素材などによってはサイズ直しができない場合もあります。

・・・つづきはこちら

結婚指輪の準備を始めるのに最も多いのが結婚式から6~7か月前。結婚指輪は既製品でも完成までに約3週間はかかり、オーダーメイドでは約3か月もかかるので、早めの準備が必要です。

・・・つづきはこちら

結婚指輪は着け心地の良さがいつでもつけていたいと思える結婚指輪のポイント。女性も男性も着け心地が良い結婚指輪を探しましょう。着けていることを忘れてしまうような自然さが大切です。

・・・つづきはこちら

婚約指輪のダイヤモンドは一般の方が品質を見てわかるカラットとカットで選び、最初は自分の指に対して大きく感じるものを選ぶと後々手にぴったりなダイヤモンドになります。

・・・つづきはこちら

婚約指輪は男性から女性にプレゼントするものですが、結婚指輪の費用は女性も負担するべきなのか迷うカップルが多くいます。お互いの気持ちを大切にし、相談し合うことをおすすめします。

・・・つづきはこちら

結婚指輪にハワイアンジュエリーを選ぶご夫婦が増えてきています。これは特徴的なデザインと使用される素材、そして品質の高さ、価格についてもお手頃なものが揃っていることに起因します。

・・・つづきはこちら

婚約指輪にハワイアンジュエリーを選ぶ人が増えてきています。多様なデザインのジュエリーは、世界に一つだけの指輪にしたい、素材から選んで納得のいく婚約指輪にしたいという方に人気です。

・・・つづきはこちら

現在では結婚指輪としても贈られるハワイアンジュエリーの歴史は、イギリスから始まったとされています。大切な人、特別な人への贈り物としても人気が高く、様々なシーンで用いられています。

・・・つづきはこちら

結婚後は婚約指輪を身につける人は少ないですが記念で高価なもののため、もったいない気がします。結婚後に婚約指輪をつける場合は、結婚指輪と一緒に左手の薬指につけるといいでしょう。

・・・つづきはこちら

婚約指輪は男性から贈るものという固定的なイメージがありますが、女性から男性に贈ってはいけないという決まりはありません。二人にとって納得のいく婚約の記念となる品を選ぶことが大切です。

・・・つづきはこちら

秘密の石という意味があるシークレットストーンは誕生石や記念月の宝石が選ばれます。結婚指輪にシークレットストーンを埋め込み二人だけの秘密を持ってみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

結婚指輪は永遠の愛を意味し、左手薬指には心と心を繋ぐ意味があります。面倒という理由から外してしまう人が多いですが、意味を知ることで結婚指輪の大切さが感じられるのではないでしょうか。

・・・つづきはこちら

婚約指輪の歴史は長く、愛よりも身分や金銭的な面を重視していました。現在ではダイヤモンドの指輪が主流ですが、日常でも身につけることができるものを選ぶ人が増えてきています。

・・・つづきはこちら

二人が納得する結婚指輪を見つけるには困難ですが、二人でお揃いのものを決めるという機会が、今後減っていくことが考えられますので、選び方のポイントをおさえて好みのデザインを選びましょう。

・・・つづきはこちら