婚約指輪と結婚指輪の相場とは?

● 婚約指輪と結婚指輪の相場とは?

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 婚約指輪と結婚指輪の相場とは?


婚約指輪の相場ってどのくらい?

結婚が決まったカップルにとって憧れとも言える婚約指輪ですが、
女性にとっては一生に一度のプレゼントですから妥協せずイメージ通りの指輪を購入したいものです。
しかしこの婚約指輪、平均購入価格はどのくらいが一般的なのでしょうか?
一昔前まではお給料の3ヵ月分などと言われていましたが、現在ではそのような言葉ももう古く、
カップルの年収やこれからの生活状況に合わせて、
無理のない程度に婚約指輪を購入される方が圧倒的に多いようです。

相場よりも価値観が大切

婚約指輪の購入価格で最も多いのが30~40万円、続いて多いのが10~20万円となっています。
金額的に大きく差が出る結果となっていますが、婚約指輪の宝石自体に重きを置いているカップルは、
比較的高額な婚約指輪を購入される傾向にあるようです。
中には50万円を超える婚約指輪を購入されるカップルもいるので、
お二人の価値観次第で購入金額も変わってくる、というのが本当のところでしょう。
婚約指輪をプレゼントされることは女性にとって最高の喜びではありますが、
男性も女性に喜んでもらう姿を見ると満足度も上がって購入して良かった!という気持ちになるようです。

結婚指輪の相場は?

結婚指輪は普段から身に着けるものです。
宝石の主張が強い婚約指輪に対して、
結婚指輪は石をつけるとしても控えめに留まることがほとんどですから、
婚約指輪よりも価格は低くなることが普通です。
夫婦とも10万円代が多く、次いで7万円代がコアな価格帯です。
妻の指輪に装飾を施す場合は夫用の結婚指輪よりもやや高くなりますが、
夫婦合わせて20万円代が相場といえるでしょう。
婚約指輪を買わずに結婚指輪をやや高価なものにする、という夫婦や、
婚約指輪と結婚指輪を一緒に付けた際映えるデザインを一緒に選ぶ、という夫婦など、
薬指事情は夫婦によって様々です。
金額、相場に関係なく、2人が納得できるものを選んで購入することが一番大切なのではないでしょうか。