結婚指輪の形について

● 結婚指輪の形について

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 結婚指輪の形について


指輪の形(デザイン)は大きく分けて3種類

結婚指輪は四六時中身につけているものなので、飽きのこないシンプルなものが好まれています。
切れ目のない円が永遠の愛の象徴とされている結婚指輪。
そんな結婚指輪も、シンプルでありながら個性を出していくべく様々なデザインのものがあり、それによって手の印象が大きく変わることをご存知でしょうか?
デザインの種類で大きく分けると、ストレートタイプ、ウェーブライン、V字ラインの三つになります。
結婚指輪を選ぶ際は、価格や実用性、強度、色などいろいろ選ぶ観点がありますが、一生身につけることを考えたら、自分の手や指に合う形というのも大事なポイントといえるでしょう。

代表的な3種類の形の特徴について

最も多いシンプルなストレートタイプの結婚指輪は、昔からの定番でありつつ一番人気の形です。
指輪をつけることに慣れていない男性にとっても抵抗なく着けられ、流行りすたりがないのも特徴といえるでしょう。
女性は、婚約指輪との重ね着けや、他の指につける指輪とのバランスを考えても、ストレートタイプであれば問題ありません。
また、ストレートの形の結婚指輪でもリングの幅によってだいぶ印象が変わってきます。
しかし、太いと違和感があったり着け心地が悪かったりし、細過ぎると強度に欠けるので、カップルで話し合って決めるとよいでしょう。
形はストレートでシンプルでも、ワンポイントでダイヤを埋め込んだり、プラチナとゴールドの組み合わせにしたりすることで個性を出すことも出来ます。
さりげないウェーブラインの結婚指輪も人気です。
繊細でしなやかな印象になり、指をきれいに見せてくれます。
太めの幅のものが好みである場合、ストレートの形だとごつい感じになってしまいますが、同じ幅のものでも形がウェーブラインであれば自然に指になじむでしょう。
また、ダイヤを散りばめてもいやらしい感じにならないのが特徴です。
V字ラインの形の結婚指輪は、指をほっそりと長く見せる効果があるので、指が太い、短い…という悩みの方におススメです。
V字といってもとがったV字ではなく、滑らかなカーブのV字ラインのため、きつい印象にはなりません。
普段アクセサリーをしている男性からも人気の形です。
この他にも形やデザインが豊富にあるので、お二人で相談してベストなものを選んでください。