婚約指輪と結婚指輪を長持ちさせるお手入れ方法

● 婚約指輪と結婚指輪を長持ちさせるお手入れ方法

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 婚約指輪と結婚指輪を長持ちさせるお手入れ方法


婚約指輪・結婚指輪は徐々に汚れていく

婚約指輪や結婚指輪を大切に扱っている方も多いのではないでしょうか。
プロポーズ当時、新婚当時の思い出が詰まっていることも多く、とても貴重なものです。
しかし、お手入れが適切でない場合、皮脂や汚れがついてしまうため、徐々に汚れ輝きを失ってしまいます。
結婚当時と比較して、指輪が色あせてないかチェックしてみましょう。
婚約指輪・結婚指輪も定期的なお手入れが必要で、そのままにすると錆びてしまうおそれもあるのです。
少し面倒に感じてしまうかもしれませんが、一度も掃除などをしたことが無い方は、是非お手入れをしてみましょう。
毎日する必要はなく、定期的に行うのみで問題ありません。

婚約指輪をお手入れするには?

お手入れに用意するものは、食器用の洗剤、ぬるま湯、柔らかい歯ブラシの3つです。
歯ブラシはかたいと指輪に傷が付いてしまいますので、必ず柔らかめのものを準備しましょう。
まず小さな容器にぬるま湯を満たし、その中に中性洗剤を適量入れます。
軽くかき混ぜて泡立てたら、その中に婚約指輪や婚約指輪を入れ、しばらく浸しておきましょう。
ある程度浸したところで汚れが浮き上がってきますので、それを歯ブラシで優しく落とすように洗います。
汚れが落ちにくい場合、洗剤を歯ブラシに直接付け、指輪の表面を擦ってみましょう。
通常のお手入れはこの方法で問題なく、皮脂や軽い汚れであれば、すぐに落とすことが可能です。
しかし、指輪の材質によっては注意が必要です。
プラチナや金合金(18Kゴールドなど)はこの方法で問題ありませんが、24Kやシルバーのように、柔らかい素材のものは傷が付くおそれがあります。
これらの場合、専門業者にクリーニングを依頼すると良いでしょう。
また、長年の汚れが指輪の小さな傷の間に入り込み、落ちにくいこともあります。
その場合も業者にお願いし、クリーニングをしてもらいましょう。
婚約指輪などの汚れが落ちると、購入当時に近い輝きを取り戻せる場合があります。