金属アレルギーの人におススメの結婚指輪とは?

● 金属アレルギーの人におススメの結婚指輪とは?

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 金属アレルギーの人におススメの結婚指輪とは?


結婚指輪の金属アレルギーに注意

金属アレルギーは、特定の金属を身につけると、肌にかゆみや発疹などの症状が出てしまう症状です。
ただし、特定の金属でのみアレルギー反応が出るなど、人によって異なります。
金属アレルギーの方は、結婚指輪を選ぶ際も、しっかり素材を確認しなければいけません。
デザインが気に入って買ったとしても、素材が合わなければ身につけることも難しくなると思われます。
では、金属アレルギーが出にくい素材は何でしょうか。

金属アレルギーでも安心の素材とは

アレルギーが出にくい結婚指輪の素材は様々あります。
結婚指輪で定番素材のプラチナは、比較的アレルギー反応が出にくいと言われています。
そして金も金属アレルギーが起こりにくい素材でしょう。
しかし、結婚指輪で純金が用いられることは少なく、通常は何らかの金属と合わせた合金を使っています。
例えばホワイトゴールドやピンクゴールドなど、結婚指輪で人気の素材は、それぞれパラジウムと銅が添加されています。
プラチナも単体で使われることは希で、一般的に使われているものは何らかの金属と合わせた合金です。
金やプラチナには、レアメタルが添加されることが多くなっています。
例えばジルコニウムやイリジウム、チタンなどの金属と合わせて使用されているでしょう。
金やプラチナは、単独で使用すると強度が弱く、すぐに傷が付いてしまいますので、結婚指輪では合金がメジャーになっているのです。
注意したいのは、プラチナ・金の結婚指輪だから大丈夫だと言えない点です。
合金で使われている金属によって、アレルギー反応が出てしまうこともあります。
特にパラジウム、銀、銅、クロムはアレルギーが起こりやすいと言われています。
これらを使った合金もありますし、結婚指輪の素材に用いられている場合もあるでしょう。
購入した後に身につけ、アレルギー反応が出てしまっては意味がありませんから、パッチテストで確認してから購入するのが良いでしょう。