婚約指輪の立て爪と埋め込みのそれぞれのメリット

● 婚約指輪の立て爪と埋め込みのそれぞれのメリット

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 婚約指輪の立て爪と埋め込みのそれぞれのメリット


婚約指輪のデザイン

立て爪と埋め込みは婚約指輪の石のセッティング方法の違いのこと。
立て爪、埋め込みという分け方ではなく爪あり、爪なし、といった分け方のほうがわかりやすいかもしれません。
何故なら、立て爪と埋め込みのどちらにも該当しないセッティング方法も存在するからです。
地金で石を挟み込むテンションセッティングなどがそれに当たります。
つまり、爪あり、爪なしという基準でしたらすべての婚約指輪を分類することができるため、立て爪、埋め込みという表記よりもわかりやすいというわけです。
ただし今回は、立て爪と埋め込みのそれぞれのメリットということですから、わかりやすく一粒石のセッティングと仮定してメリットをご紹介しましょう。

爪あり(立て爪)と爪なし(埋め込み)のメリット

爪ありの中でも立て爪セッティングは伝統的な婚約指輪のデザインで多く用いられています。
爪の数は4つか6つが一般的です。
立体的で光を受けやすくダイヤモンドの美しさがより強調されるデザインとなります。
婚約指輪のイメージにぴったりである分、婚約された実感が沸きやすいメリットもあります。
そのほかの爪ありのデザインには、両側がスロープのようになっているカテドラルセッティングなどがあります。
一方、爪なしタイプは地金に石を埋め込むようにセッティングするタイプです。
爪ありの方が婚約指輪としては人気ですが、服に引っかかりやすい面や石が安定しないといったデメリットもあり、あえて爪なしを選択する人もいます。
個性的なデザインにもしやすく、日常生活で使いやすい点がメリットといえます。
爪なしデザインには単純に地金に溝を入れて留めるはさみ留め、石の回りの地金を厚くする伏せ込み、地金で台座を作るベゼルセッティング、そして前述したテンションセッティングなどがあります。
ちなみに一粒石ではなくぐるっと宝石で囲む形のエタニティリングは、爪なしタイプのレール留めが多く用いられています。