チタンの婚約指輪の特徴

● チタンの婚約指輪の特徴

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > チタンの婚約指輪の特徴


アレルギーを起こしにくい金属・チタン

チタンは婚約指輪の地金の素材の中でも比較的近年に使用され始めた金属です。
その硬さから指輪への加工が難しい金属とされていましたが、技術の進歩によって普及し始めてきました。
チタンの最大の特徴は、金属アレルギーの起こしにくさにあります。
肌が敏感な女性は婚約指輪をはめたときにかゆくなったりかぶれたりといったアレルギー症状が起きてしまう可能性があります。
しかし、チタンは医療現場でも使用されているほどアレルギーを起こしにくい素材として有名です。
婚約指輪を結婚指輪と重ね付けして長く愛用する予定なら、金属アレルギー対策としてチタンを選んでも良いでしょう。

婚約指輪にチタンを使用するメリット

チタンは金属アレルギーを起こしにくい点以外にもたくさんのメリットがあります。
非常に硬い金属であるにもかかわらず軽く、長時間付けていても重さで疲れることはありません。
また、金属は他の物質との化学変化によって錆びたり変色したりすることも多いですが、チタンはいずれにも強く、海や成分の強い温泉でも付けたまま入ることができます。
そして、チタンはデザイン面でも豊富なカラーバリエーションがあるという強みを持っています。
酸化被膜という表面の膜で青や緑の色合いを出すこともでき、内側と外側で色が違う婚約指輪や、地金だけでストライプのデザインにすることも可能です。
さらに、表面を鏡面仕上げにすればプラチナ以上に輝かせることもできますし、艶消し処理で渋い仕上がりにすることもできます。
ひとつデメリットがあるとすれば、他の金属よりも硬度が高すぎてサイズ直しがしにくいという点でしょう。
デザインによってはサイズ直しができる場合もあるため、購入するメーカーにあらかじめ聞いておくことも大切です。
チタンは自分好みのデザインと日常使いに最適な機能性を持ち合わせた金属です。
結婚後も婚約指輪をし続けたい人にはとてもオススメな素材です。