指に合った結婚指輪とは?

● 指に合った結婚指輪とは?

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 指に合った結婚指輪とは?


指の長い人でも似合わないデザインがある事実

普段指輪を選んだことも付けたこともない人にとって結婚指輪はただの丸い輪っかのように見えてしまう場合もありますが、結婚指輪のデザインは多種多様にあります。
長く身に付ける結婚指輪ですから適当に決めることはできません。
一目惚れや好きなデザインの系統であったとしても、結婚指輪のデザインを選ぶ際は、必ず実際に薬指に装着してから購入を検討するようにしてください。
結婚指輪には指に合うデザインと合わないデザインがあるのです。
一般的に指が長い人はどんなデザインでも似合うとされていますが、太さによっても選び方が変わってきます。
指が細い人が太めの結婚指輪を付けると骨ばった貧弱な指に見えてしまいますし、逆に指の肉付きの良い人が細い結婚指輪を付けると指輪が貧弱に見えてしまいます。
指の長い人は何でもOKと思わずに、太さをよく検討して選ぶよう心掛けましょう。

指の悩みを解決してくれる結婚指輪

指が短いことをコンプレックスに感じている人も少なくありませんが、毎日身に付ける結婚指輪のデザインが指を長く見せてくれるものならコンプレックスも多少解消できるはずです。
指が短い人は、V字型の結婚指輪を選ぶと、縦のラインが一本通って見えるため指長効果が生まれます。
指が短くいだけでなく太いことも気になる人はひねりがあるアームの結婚指輪を、逆に細くて短い人は長くて女性らしい指に見えるS字ラインのリングがおすすめです。
関節が太くて関節を通るように結婚指輪を作ると指の付け根で回ってしまうという人は、シンプルで360度どこから見ても同じデザインのリングで悩みが解消されます。
肌の色が小麦色に近い人はシルバー系統の色と相性があまりよくないため結婚指輪がくすんで見えてしまいます。
そのため、プラチナよりもイエローゴールドやピンクゴールドのほうが指にマッチするでしょう。
夏は日に焼けて小麦色になるけれど、すぐに日焼けが戻るという人はシルバーとゴールドのツートンカラーの結婚指輪なら一年中指に合うはずです。
デザインがありすぎて決め手に欠けるという人も、指に合うか否かを基準に選ぶと選びやすくなるかもしれません。