婚約指輪は結婚後どうするの?

● 婚約指輪は結婚後どうするの?

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 婚約指輪は結婚後どうするの?


婚約指輪は結婚式までの期間限定?

婚約指輪は結婚式まで身につけ、結婚後は結婚指輪だけをするイメージがあります。
実際に、結婚後は婚約指輪を身につけず、引き出しにしまったままになっていることが多いでしょう。
婚約指輪は、結婚の記念としての価値付けが高いため、日常生活で毎日身につけている人が少ないです。
デザイン的にも、華やかなデザインが多いため、日常での使用は難しいです。
中には、綺麗なままの状態を保ちたいため、大切に保管しておきたいと考える人もいます。
婚約指輪は、ダイヤモンドなどの宝石があしらわれており、高価なものなので結婚式までの期間限定で身につけるのはもったいないです。
しかし、ダイヤモンドが服に引っかかることがあるため生活がしにくいと感じることもあるでしょう。

結婚後に婚約指輪をつけたい場合は

手仕事が必要な日常生活では、婚約指輪を身につけることは難しいですが、おでかけをする日や特別なシーンで使用すると婚約指輪の利用価値は大きくなります。
結婚後に婚約指輪をつける場合は、結婚指輪と一緒に左手の薬指につけるといいでしょう。
指輪などのアクセサリーを普段しない人は、指輪を2つ身につけることや、高価な婚約指輪を身につけることに少し違和感を覚えますが、友人の結婚式の時や、ドレスなど華やかな服装をしたときなど身につけてはいかがでしょうか。
特別な日に婚約指輪を身につけることで、自分の結婚当初の気持ちも思い出すことができます。
婚約指輪を結婚後にも身につけていると、ご主人も喜ぶでしょう。
または、婚約指輪をあらかじめ、結婚指輪とセットリングにできるデザインを購入するのもひとつの方法です。
最近では、セットリングの人気が高くなっています。
結婚後にも身につけることができるデザインや、宝石を選んでみてはいかがでしょうか。
結婚後、婚約指輪をしまったままにならないように、気に入ったデザインのものを選びましょう。