婚約指輪を身につけ始めるタイミング

● 婚約指輪を身につけ始めるタイミング

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 婚約指輪を身につけ始めるタイミング


婚約指輪は受け取った日から?
婚約指輪は受け取った日から?

一世一代の大きなイベントでもあるプロポーズをする際には、婚約指輪を贈ることが一般的ですが、最近ではプロポーズリングを用いるケースも増えています。
プロポーズをされた際にプレゼントで贈られることが多い婚約指輪は、いつから身につけていいものか迷ってしまうのではないでしょうか。
特に明確な決まりがあるわけではなく、婚約指輪を受け取ったタイミングから自分の指につけても良く、受け取ってすぐに着用すると男性も喜んでくれるでしょう。
自分の幸せな気持ちを最大限表現するために、婚約期間中ずっとつけ続ける人もいますが、仕事に支障さえなければ全く問題ありません。
婚約指輪を、身につけるタイミングに関するルールが設けられているわけではないので、自分の判断により、婚約指輪を用いることができます。
その際に注意したいのは、日常的に身につけてしまうと、破損や劣化の心配がある点です。
婚約指輪は、結婚指輪と比べて華やかなデザインのものが多いので、日常生活や仕事の最中に傷をつけたり壊してしまったりしないか不安に思うこともあるでしょう。
せっかく受け取った大切な婚約指輪ですので、大切に扱ってください。

婚約指輪を身につけるタイミングについて
婚約指輪を身につけるタイミングについて

プロポーズリングは、相手の女性がどのようなデザインの婚約指輪を希望するのかわからないという時にも使用されることが多いです。
婚約指輪を受け取ったその瞬間から着用することができますが、問題は結婚した後つけ続けることができるかではないでしょうか。
仕事に問題がなければ、普段から着用する人もいるでしょう。
最近では、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする人も増えています。
また、結婚指輪代わりとして活用する女性や、特別なタイミングのみにダイヤモンドで煌びやかな婚約指輪をつける人もいます。
婚約時には婚約指輪を身につけ、入籍後には結婚指輪と併用することもおすすめで、その日のファッションによって、使い分けることもできるでしょう。
婚約指輪をつけるタイミングは意外と自由なので、自分が思うままに着用することをおすすめします。
身につけ始めるタイミングをまとめると、プロポーズをしてもらい、婚約指輪を受け取った瞬間から身につけ、それ以降はデザイン次第ですが実生活においても着用可能です。