年齢別の結婚指輪の選び方

● 年齢別の結婚指輪の選び方

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 年齢別の結婚指輪の選び方


年齢別にみる結婚指輪の金額
年齢別にみる結婚指輪の金額

結婚を予定している人は、20代から40代の年齢のカップルが結婚指輪を選ぶときには、どのくらいの金額の指輪なのかを気になっている人もいるでしょう。
また、予算の設定も気にしている人もいるのではないでしょうか。
よく聞く言葉で、結婚指輪は給料の3か月分だと言われていますが、日本の企業は年功序列制で給与があがっていくため、一般的に考えると20代よりも40代の方が給与を多くもらっていると考えられます。
しかし、実際には20代から40代の、どの年齢層も10万円から20万円未満の指輪が一番多く選ばれているのです。
中には、20万円以上の比較的高価な結婚指輪を選んでいるカップルもいますが、20代の年齢で予算が低いから安い指輪、40代の年齢で予算に余裕があるから高い指輪という基準ではありません。
例外として、婚約指輪を購入していないから結婚指輪は少し高価にしようと考え、予算を高めに設定しているカップルもいます。

結婚指輪の選定基準
結婚指輪の選定基準

結婚指輪をカップルで選ぶ際には、何を基準に選んでいるのでしょうか。
結婚指輪は日常的に長くつけることになるため、実用的なことが選定基準になっているカップルが多くいます。
飽きることなく長くつけていられるもの、どのようなファッションでも邪魔をしないもの、シンプルでありながら品質の良いものと考えて選んでいるのです。
シンプルでありながら高品質な結婚指輪は、10万円台から20万円までの金額で着け心地が良く品質の良いものが揃っています。
そのため、この価格帯の指輪を選ぶ人がどの年齢でも多数を占めているのです。
また、今後の結婚生活を考えて、あまり高価なものは買わず2人で納得して購入する傾向にあります。
さらに、新婦の年齢を考慮して選んでいるケースもあり、24歳以上の新婦は24歳以下と比較すると高価な指輪を購入していることもあるのです。
24歳以上になると新郎の年齢も上がってくるため、予算の設定を高くした上で結婚指輪を選んでいます。