結婚指輪は夫婦お揃いにするべき?

● 結婚指輪は夫婦お揃いにするべき?

HOME > ブライダルギフトに関する知識あれこれ > 婚約指輪・結婚指輪についての基本情報 > 結婚指輪は夫婦お揃いにするべき?


結婚指輪のデザインについて
結婚指輪のデザインについて

結婚指輪は、結婚の証として結婚後身につけていくものですが、お揃いにするべきかどうか迷うこともあるのではないでしょうか。
ずっと身につけていく結婚指輪は、二人とも気に入ったデザインを選ぶことが大切です。
二人の好みが異なり、少しでも気に入らない結婚指輪を選んでしまうと、身につけていても不満が残ってしまうこともあるでしょう。
夫婦揃ってお揃いのデザインを身につけたいと考えることが多いですが、必ずお揃いのデザインでなければならないというわけではありません。
長く身につける結婚指輪だからこそ、二人の好みを反映したデザインを選びましょう。
全て同じデザインの結婚指輪を選ぶ夫婦もいますが、全く同じデザインではなくても、メーカーやブランドだけを揃えるという人も多いです。
同じブランドであれば、デザインは違っていても、共通点や雰囲気が似ているところがあります。
他にも、二人の好みが全く異なる場合は、ブランドなども揃えずに結婚指輪を選ぶこともあるでしょう。
同じデザインやブランドでなくても、二人で選んだ結婚指輪であれば大切な結婚指輪には変わりはありませんので、二人でしっかりと話し合い、悔いの残らない結婚指輪選びをしましょう。

お揃いの結婚指輪
お揃いの結婚指輪

結婚指輪は、必ずお揃いのデザインという決まりはありません。
そのため、二人が気に入った結婚指輪を選ぶことが大切です。
多くは、女性が身につける結婚指輪はダイヤがついていたり、装飾がついていたりなど華やかなデザインが多く、男性の結婚指輪はダイヤなどをつけずに、シンプルなデザインのものを選ぶことが多いです。
しかし、指や肌の色によっても似合う指輪の形状は異なるため、自分に似合う結婚指輪を選びたいと考えるのではないでしょうか。
夫婦別々のデザインであっても、同じ素材を選んだり、表面加工を同じにしたりなどデザイン以外で共通点ができ、ペアリングのような雰囲気を出すことができます。
また、デザインは別々にしても、リング内側の刻印はお揃いで入れたり、シークレットストーンを入れたりすることで、二人だけが分かる結婚指輪になるでしょう。